広告



2018年11月07日

見事なブーメランぶりに笑った。

父親が社命で従業員リストラした(切る人を選定する業務)
数年後、その娘の私ががリストラされた。

父親にリストラされた人には因果応報ざまあwとか思われたかもね。

親は個人で切られた人の再就職先を世話したり、
色々奔走したからみんながみんなそういう訳ではないとは思いたいけど、
見事なブーメランぶりに笑った。


posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

こういう人は何だかなぁ…って思う。

まあまあ
人間は通常自分の身近な存在に意識がいくものだから、植物よりも哺乳類の命に意識が向かうのは仕方無い。

ちょっと話変わるけど、イエローモンキーの歌じゃないが「外国で飛行機が墜落しましたが日本人乗客はいませんでした」と報道があると必ず、
「命は平等だ!日本人以外の犠牲者も報道しろ!」というクレームがくるらしい。(新聞社勤めの友人から聞いた)
日本で発行されていて、日本人読者の興味向けの記事なんだから当たり前だろうに…。
こういう人は何だかなぁ…って思う。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

因果応報と言うものは、廻り廻って形を変えて自分に還って来る物。

因果応報と言うものは、廻り廻って形を変えて自分に還って来る物。
自分に降り懸かる事はすべて自分にとって必要な試練であって偶然よりも必然な場合の方が主。
正しくない生き方、考え方を持っていれば、必然的にそれが元で壁にぶつかる。すべての原因は自分の心。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

因果があることによって転生するときの人間関係も色々あるんだろうなー

因果応報って今生きてる間に起こした悪い事が
今生きている間に返ってくるわけじゃないらしい
「あんなにされたのにアイツは今幸せそうだ」というパターンは
まだ、返ってきていない場合か
もしくは、あなたが昔その人に何かをしたか だとおもう
当然「なんで関係ない家族にまで?」という疑問とかも出てくるけど
それは前世とかもっと前のことでいろいろあったんじゃないかなーとおもう
因果があることによって転生するときの人間関係も色々あるんだろうなー
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

偽・因果応報

「ふだん嘘ばかりついていたら、本当の話も信用してもらえなくなった」
これはきちんとした因果応報だよね。
しかし「ふだんの行いが悪いから旅行の日が雨になった」
これは本当の因果応報とは言い難いよね。
天気なんてのは、地上の一個人が何をしようが決まって変わらないんだから。
だからこれは因果応報といってもいわば言葉の綾。

このスレみてると、そこんところを混同してる書き込みが多い気がするね。
以降、前者を正・因果応報、後者を偽・因果応報と区別することにします。

--------------------------------------------------------------------
あのう、前者はむしろ、自業自得だと思います。
で、後者みたいに、人知の及ばないというか、一見無関係な報いが、因果応報でいいと思います。
お天道様はちゃんと見ているね、的な。

例えば、長年人を騙して儲けたと思っていたら、ある日今までのとは関係のない人から騙されて大損、とか。
いつも嘘をついていて、それを見ている人から信用されなくなるのは、当事者同士のこと。
噂が広がって知らない人からも信用されないというのは、単なる延長線。

--------------------------------------------------------------------
いや、因果というからには因果がなきゃダメなんですよ。
いきなり関係ない人から〜というんじゃ、それはただのアンラッキーでしょう。
偽因果、もしくは未確認因果ですね。

--------------------------------------------------------------------
「お天道様」をとおしての因果なのですよ〜。
日本人なら、その感覚を原体験として持っているはずなのですよ〜。
(寮長先生風)

--------------------------------------------------------------------
ただの偶然なのかきちんと因果があるのか、それを見極めることが大事です。
因果応報は日本人に限ったことではありませんからね。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

物事には必ず原因があって、結果になる

物事には必ず原因があって、結果になる。
結果は波紋みたいに広がって、いろんな人や物に影響をおよぼす。
大事故などで、それを知って生き方を改める人が大勢いるかもしれないし、
生きていくことこそが足かせのような人生の人ならば、すっぱりと突発的な
事故などで逝くことが、ご褒美というか、すごろくなんかでうアガリなのかも。
自然災害や幼くして亡くなることが理不尽だから、不条理だから、因果はなかろう。
というのは少々、視野が狭いとおもわんかね。
そうした死を通じて、周りの人の原因になるのかもしれない。
自然の摂理から言えば、何もかも不条理で、平等なんてものはない。
長生きし、平穏に過ごすことが万人にとっての幸福のベンチマークともいえない。
それぞれに生まれてきた意味があるのだとしたら、それぞれの生き方があるはず。
例えばそれが、俗世の価値観で言うところの悪の道だとしても、
その悪役を横目に見つつ、襟を正す人もいるかもしれない。

自然の話に戻すが、水が万物にカタチを換えて流転・循環するのだから、
人が成した結果も、カタチを代えて巡り巡ってくることは、いたって
この地球ではあたりまえのように俺は思うぞ。
外から見ても、人が心の中で何を思って、普段、誰の目もないところで
どうやって生活しているかなんてわからないでしょう。
雨が土壌に浸透して、再び地上にその姿を現すように・・・。
生きたいようにしか、生きられないのよ、普通の人は。
清浄に清く正しく生きること。ただそれだけ。
水は高きから低きに流れるように、万物が逆らえぬ自然の掟がある。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

因果応報は関わりがあるけど、別なもの

その人の背負った運命や宿命と
因果応報は関わりがあるけど、別なもの

たとえば人間はだいたい百まで生きる
だが暴飲暴食を続けて寿命を縮める(自業自得)こともある
逆に節制し体を大事にしても百まではいっても二百は生きれない。その寿命は今の時代に生まれた人間の宿命なのでそれ以上生きられない。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

トラブルメーカーが、急に善人に。

トラブルメーカーが、急に善人に。
理由は謎。リストラ避けかもしれないとの噂。
ただ、今まで嫌がらせやイジメに合った人も多いから、
表面上は和気あいあいでも、本気で仲良くするのは躊躇している。
善人に方向転換したら、それでの悪業はチャラになるのか?
今までの自分を全否定するくらいじゃないと
本質が変わるなんて無理だと思うのですが。
どんなもんですかね。。。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

因果応報っていうのか・・・天罰って必ずある。

因果応報っていうのか・・・天罰って必ずある。
これ、断言してもいい。

人をいじめたり騙したり玩んだりする輩は、自分で気づかないうちに軌道から外れまくった道を歩いているが、自分ではちゃんと整備された道を
歩いていると思いこんでいる。
軌道から外れまくった道を歩いていくうちに一歩先は断崖絶壁。
しかし、それでも自分は整備された道を歩いていると思い込んでいるので、そのまま前へと進んで奈落の底へ転落。
断崖絶壁までたどりつく道のりは違えど、必ず断崖絶壁まで転落するまで歩いていくようになっている。


これ、私の友人の受け売り。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

今まで指示や注意してくれた人を不快にしてた

因果応報とは関係ないかもだけど
今日はなんか気持ち良く仕事が出来たんだよね。
 
感情が顔に出ちゃう方なんだけど
注意とか嫌だなって思ってた事も何故か嫌な顔しないで出来たからなのかな?
今まで指示や注意してくれた人を不快にしてたから
自分自身も不快だったのかもって思った。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

悲劇のヒロインになりたくて自分でやった

小学生のときにプールに行ったらサンダルがなくなることが何度かあった。
大抵、垣根を越えた歩道とかにあったけど、
自分よりも二つ年下の近所の子が私のサンダルを隠しているのを見てしまう。

が、怖いのでそのまま無視。

でも、ある日、同じデザインのサンダルを持っている子のを隠していたので
「それ、私のじゃないから」って言ってからなくなった。

んで、約半年後にその子から手紙がきた。
「嫌がらせはやめてください。迷惑しています」

はぁ??と思ったけど同じくサンダルを隠された子と話して
「私たちはしていません。あなたが他の人にされたんじゃないですか?」的な
手紙を出したら、数日後に継母と一緒にくる。

バカとか●ねとか書かれたノート持ってきてね。
継母「これ、あなたがやったの?」
私「違います」
継母「玄関の扉とかにも落書きがあるの」
私「見たことも無いんですけど・・・」

その後、その子は引越し。更にその後の事は知らない。

---------------------------------------------
イタズラしてた精神がランクアップして、悲劇のヒロインになりたくて自分でやったんじゃないのかなーと思ってしまう…
親に問い詰められたから誰かになすりつけようとした感じ


---------------------------------------------
偏見かも知れないけれど、その「継母」というあたりに
その子の異常な行動を解く鍵がが隠されているようにも
思ってしまったよ。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

嫉妬・執念深い同僚がいる。

嫉妬・執念深い同僚がいる。
話題が誰かの悪口や批判&テレビドラマの話W
性格だから仕方ない・・・と聞き流していた。
そのうち本人が体調崩して入院・手術。復職したが、
また最近通院しはじめた。親も倒れ入院中
好き嫌いが激しく、人により態度を変える。
あの人は在○よ、部○よってどこからか聞いてきて吹聴。
嫌いな人の家族の悪口まで言う(例・あんな奴と結婚するのはアホ)
多分大小あれど、嫌な思いをした人は多数いる
この人、常に自分は正しく、他の価値観を認めない。
小さい怨みが積もって逆襲したのかも?と思いました
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

祟りって言うと大げさだけど

因果応報と言い切るのは難しいけど 近所の夫婦の話し
この夫婦(仮にS夫妻とします)には30半ばの息子と娘がいました
娘さんの方は割と早くに結婚されたのですが 旦那さんのDVが原因で離婚してしまいました
その離婚の数ヶ月後旦那さんは練〇〇〇してしまいました
そしてつい先月以前から鬱に悩まされてた息子さんが首吊り〇〇をしてしまいました
息子さんの訃報を聞いた時私が母に「S夫妻は子供運が悪いね・・・」と言ったら
母が少し複雑そうな顔して「Sさんのおじさんね、あなたが子供の頃、蛇を何匹も面白がって殺してたのよ」
「悪さした訳でない生き物、ましてや蛇だからね。祟りって言うと大げさだけど・・・ちょっと考えちゃうわ」
今のおじさんからは想像できず驚きました
そして罪に時効は無いんだなぁって思いました
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

自分と他者との違いを認識出来ない頭の悪いやつ

小学生のころピザでいじめられてたが、太ってる自分嫌いだったし自己管理ちゃんとできてないからいけないんだと思って必死こいて痩せたわ。
中学に入る頃には、ピザだった頃をネタにできたし当然いじめられなくなった。
------------------------------------
つかそもそもいじめられるのって何らかの因果応報だと思うんよ
まず自らを反省してみないとね
------------------------------------
その言葉よく聞くねぇ。
ミニスカ履いてるから触った。あんな服着てる方が悪いって痴漢と一緒だな。

犯罪者予備軍乙。

------------------------------------
「いじめはいじめられる方にも原因がある」
って言う論調は個人的には反対

だけど、今のあなたを不幸にしているのは
あなた自身なのかも知れないよ

------------------------------------
理由があるから酷いいじめをしても良いっていうのは
皮膚の色が違うから酷い差別していいっていうのと変わらない

自分と他者との違いを認識出来ない頭の悪いやつが
居直っているだけ
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

人の痛みがわかるから、他人に優しくできる

中学時代私をイジメた男は、地元一の進学校(東大に多数入学)したのに、
なんと中退したらしい。その高校を中退するなんて、有り得ない話。
二十歳頃に近所のゲオで見かけたんだけど、しょ〜もないオッサン的な
風貌になっててびっくりした。たぶん、フリーターか無職。
どう見ても40歳くらいにしか見えなかった。

もうさ、見た目の事でさんざん馬鹿にされてクラス中の笑い物にされた。
私をネタにして笑いをとりまくって散々笑う、教師も笑う、みたいな。
トラウマなんてもんじゃないし、それ3年間やられたからね、友達いないし
見方もゼロだし「あなたが言い返さないから悪い」とか言われて。
常に死ぬことばっか考えてた。真後ろでデカイ声で散々悪口言われ続けて
大爆笑されたりの繰り返し。

今でも後遺症で人と仲良くできなくて、精神科通ったり色々。
でも人の痛みがわかるから、他人に優しくできる。これ、財産。
しかし失ったものの方がデカイ。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

中学生数百人の怨念はすさまじいと思った

中学時代、物凄く無意味に体罰をする先生がいた。
機嫌が悪い日なんかはひどくて、とくにヤンキーは授業中にボッコボコにされていた。
何にもしてないのに目つきが悪いだの因縁つけて。

授業中はかなり張り詰めたシーンとした空気で、誰も一言も無駄口を叩けない状況。
背筋も伸びてないと殴られる。
ちょっと頭おかしいだろうとみんな思っていた。
みんな本当に嫌っていて恨んでいたら、その先生の息子が●んだ。
まだ赤ちゃんだったが多分病気で。
てか子供が病気だったからいつも機嫌が悪かったのかもしれない。
後日生徒が親のふりして学校に電話して暴力を暴露したら呆気なく他校に飛ばされた。
子供は可哀相だが、あの先生は異常だった。
中学生数百人の怨念はすさまじいと思った。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

勉強だけはしとけ!

小学校の時、イジメられた。
イジメを指示する男と女が何人かいて、クラス全員でのシカトだった。
男の見た目は、お調子者で先生ウケがいい。女の方は、ぶりっ子という言葉がピッタリだった。

高校進学してから、リーダーの男の父親が不可解な事故死。母親はメンヘルに。
女のリーダーは、性格の悪い女として他校にまで広がる程の有名人となった。

他もレベルの低い学校に行って、今や極貧生活みたい。たまにスーパーで会うと逃げるようにして去っていく。

因果応報を感じた。
イジメられても勉強だけはしとけ!
学力は、絶対に裏切らないし、人生の逆転だって出来るぞ。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

地獄に落ちた気がした。

まさに今の自分にぴったりなスレだと思ったのでカキコ。
叩かれるのは覚悟の上で。

私は異性と真剣に付き合ったことがなかった。
適当に遊んでて(遊ばれてただけかも知れないけど)束縛されるのが嫌で、付き合う相手は既婚者ばかりだった。その方が楽だったし。

でも、20代も半ばを過ぎ、すごく好きな人(独身)ができて、付き合うことができた。
半年間ほんとに幸せだった。家族にも紹介してたし、相手の友達周りにも紹介してもらったり、同僚にも会った。
けど、気付いてしまった、彼が既婚者だということを。

地獄に落ちた気がした。
今まで自分がしてきたことが返ってきたんだと思った。

彼とはすぐに別れて、制裁もしなかった。また自分に返ってくると思ったから。

あれから1年経とうとしてるけど、相変わらず独りぼっち。
長文、乱文&携帯でスマン。
やっぱ因果応報はあると思うって話でした。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

罪悪感からくる、自分への呪い

☆んだ婆さんの遺産を、相続者を無視して奪い盗った親戚のおばさんが…

葬式終わってしばらくしたら気が狂ったようになった。
幻覚が見えたり、幻聴が聞こえたり。
んでどんどん痩せていった。
病院にも行ったが原因は不明。
アルツハイマーでもない。
守銭奴な婆さんだったから呪いなのかもな。
まぁそんな婆さんも墓守りをしてくれる人には遺産を譲るとかって話をしてたらしいが。

-----------------------------------------------------
罪悪感からくる、自分への呪いだろうね。
自分で自分を苦しめる。
だから悪い事はできないね。
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

ほんとに因果応報ってあるんだなぁ…

バイト先で粘着質なおばさんを中心にしたグループにいじめられていたんだけど
そのおばさん達、店のポイントをネコババしてたらしく、それが上にバレてグループ全員解雇
悲しいかなその月25日も働いていたのに最後の給料は出なかったらしい。
聞いたら他にもいじめられてた女性は結構いて、黙ってなきゃもっと酷い目に遭うよと恐怖政治を強いてたそうです。

解雇されたのを知って若い子達がみんな泣くほど喜んでた
粘着質なそのおばさんは給料が入らないとなって弁護士に
相談しに行ったけど歯牙にもかけられずお金だけ取られて病気で寝込んだらしい
ほんとに因果応報ってあるんだなぁ…
posted by kuronekochan at 10:00 | Comment(0) | 因果応報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。